第1回 永田宏和さん

全力インタビュー 第1回目のゲストはkiito副センター長でもあり、NPO法人プラスアーツ主宰の永田宏和さん。

 

永田さんからの数珠つなぎ→米山さん

永田宏和さん プロフィール

 

1968年兵庫県西宮市生まれ。1993年大阪大学大学院修了、株式会社竹中工務店入社。2001年同社を退社後、まちづくり、建築、アートの3分野での企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立。2005年、阪神・淡路大震災10年事業で楽しみながら学ぶ新しい形の防災訓練「イザ!カエルキャラバン!」を美術家・藤浩志とともに開発。2006年、NPO法人プラス・アーツ設立後、「イザ!カエルキャラバン!」を首都圏、関西圏、新潟、宮崎、など全国で展開。(※継続中)2007年4月、横浜・BankARTで開催された「防災」と「クリエイティビティ(建築、デザイン、アート)」をテーマとした展覧会『地震EXPO』の総合プロデュースを担当。2008年8月、東京・豊洲でショッピングセンター「ららぽーと豊洲」と企業ミュージアム「ガスの科学館」を会場とした防災の大規模なイベント「BO-SAI2008in豊洲」の総合プロデュースを担当。同年9月、東京ガスの全社員を対象とした防災啓発事業「Save yourself」の総合プロデュースも担当。地域、企業と協働した防災教育、防災啓発事業を数多く手がける。同年10月、2006年のジャワ島中部地震の被災地・ジョグジャカルタで「インドネシア版イザ!カエルキャラバン!」を開催、体験した現地の子どもたちからも好評を得る。大阪大学、武庫川女子短期大学非常勤講師。『第6回21世紀のまちづくり賞・社会活動賞』受賞、『第6回パートナーシップ大賞グランプリ』受賞