絞ハンカチのkiiro

 

 

 

 

黄色のハンカチには映画のイメージがある

なんか幸せになれそうな・・・

 

 

「生きてるうちに100回は会おね」

 

 

看護師の時の先輩と、いつやったか約束した。

「またね」ってあっという間に数年が過ぎて・・・そんなん、死ぬまでにあと数回しか会われへんやん。そんなんイヤや~!もっと一緒におりたい~~!って(^^)。

 

指きりの甲斐あって、なんとか年に一回のペース。あと99回。あと98回。…で、今はあと94回ってとこ。でもこのペースやと150歳は軽く生きなあかん(^o^)

 

 

違う違う、このハンカチのお話やった。

 

 

その先輩と美人の湯に行ったことがあった。

関空からタクシー飛ばして、どんどん山の奥の方へ。

明かりもほとんどなくなったころ、昔ながらの温泉旅館に到着。

でっかい浴場、露天風呂

貸切?みたいに

2人だけで泳いだりしてたな。

 

そこへおばあさん

次もおばあさん

次の次も、おばあさんがやってきた

 

露天風呂で話しかけられたんやっけ・・

その3人のおばあさんは姉妹で、一番上の人は90歳を超えてたそうやけど

顔、つるつるでそんなには見えへんかった

よくその温泉に入りに来るそう

 

川の音、薄明かりの中、みんな嬉しそうで

おばあさんたちの話を、けっこう長いこと聞きながら

なんか中からも外からも、じんわり温まったのを覚えてる

 

 

翌朝、大宴会場みたいな畳の間で2人きりの朝ごはん。

「あの人たち、どうしたかなぁ」話してたら

宿の送迎バスで、バッタリ(^-^)

 

一番小さいおばあさんから

「これどうぞ」って差し出された

 

「みんなにあげてるの。遠慮せんでええよ」

四葉のクローバーの模様

オレンジと黄色や

 

「好きなのもらい」

先輩に譲ってもらって好きなほうを選んだ

 

駅で先に降りて、ご挨拶

見えなくなるまでずーっと手を振って・・・

 

+ + + +

 

今年、9月

先輩と三宮で串揚げ三昧中

ふと

 

「あれってもう4年、もっと前かな

あのときのおばあさんたち、お元気かな?」

「きっと、元気にしてはるよ」

「そうやね」

 

「あの時のハンカチ、覚えてる?」

「忘れたわ。絞のハンカチのことなんか・・・」

「覚えてるやん(^o^)」

「(^-^)」

 

+ + + +

 

11月

「ほらっ これあの時のハンカチ(^^)」

「あんた、持ってたん(^o^)」

 

「お腹いっぱいや・・。アイス、食べたい(^^)ハーバーランドの観覧車乗りたい!」

「え~~!おのぼりさんかいな・・・仕方ないなぁ」

「わ~~い(^^)/」

 

umie到着☆

「うゎ~夜景、きれい!早よっ写真撮ろっ!!観覧車、きれ~い!(^o^)」

「先輩、むっちゃ喜んでるやん(^-^)」

 

 

 

 

うえやま ゆきえ

 

 こちらもよかったら(^^)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sex tel (金曜日, 03 11月 2017 18:20)

    kwękając

  • #2

    pewna wróżka (土曜日, 18 11月 2017 02:26)

    posmól